09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Zabbix 2.2 を yumでインストール(Linux CentOS6.4)  




【お知らせ】この記事は、http://blog.apar.jp/zabbix/139/ に引越しました。



先日(2013年11月12日)Zabbix2.2が安定板としてリリースされました。新機能の目玉としてはVMware監視機能ですが、それ以外にもWebシナリオのテンプレート化や、バリューキャッシュの導入によるトリガー処理の高速化など性能も大きく改善されています。

●Zabbix 2.2の新機能とZabbixオフィシャルサービスの紹介
http://www.slideshare.net/KodaiTerashima/20130802-osc2013-kyoto


さっそくZabbix2.2をCentOS6.4にインストールしてみました。yumを使うと依存関係を考慮してくれるので、サクッとインストールできます。(^^)/

まずはLAMP環境をインストールしておきます。

・zabbixのyumリポジトリの登録
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

・インストール(2013/11/15時点のバージョンは2.2.0-1)
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

zabbix-get は設定する時にあるとなにかと便利です。
(使い方サンプル)zabbix_get -s 127.0.0.1 -p 10050 -k agent.version

・zabbixのyumリポジトリの無効化
vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
---(下記を変更)---------------------------
[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/$basearch/
enabled=1
 ↓
enabled=0

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/6/$basearch/
enabled=1
 ↓
enabled=0
------------------------------

・MySQLにZabbix用のDBとユーザを作成
mysql -u root -p
---(下記を実行)---------------------------
・Zabbix用DBの作成
create database zabbix character set utf8;

・Zabbix用ユーザの作成
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<パスワード>';

・設定の反映
FLUSH PRIVILEGES;
exit
------------------------------

・Zabbix用のDBスキーマとデータをインポート
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/schema.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/images.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/data.sql

・zabbixサーバの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
---(下記を変更)---------------------------
# DBPassword=
 ↓
DBPassword=<パスワード>
------------------------------

・Zabbixサーバの起動
service zabbix-server start

・Zabbixサーバの自動起動を設定
chkconfig zabbix-server on

・Apacheの再起動
service httpd restart

・下記にブラウザアクセスして初期設定を開始します。(ホスト名はご自分の環境に読替えてください)
http://centos64/zabbix/
------------------------------
1. Welcome
 「NEXT」

2. Check of pre-requisites
 すべて「OK」であれば「NEXT」

3. Configure DB connection
 ---------
 Type:MySQL
 Host:localhost
 Port:0
 Name:zabbix
 User:zabbix
 Password:<パスワード>
 ---------
 上記を設定して「Next」

4. Zabbix server details
 そのまま「NEXT」

5. Pre-Installation Summary
 そのまま「NEXT」

6. Install
 「Finish」
------------------------------
以上が終了するとzabbixのログイン画面が表示されます。

・初期ユーザでログインします。
 ユーザ名: admin 
 パスワード:zabbix

・パスワードと言語の変更
Administration>Users Members列の「Admin」をクリック、下記入力して「Save」を押します。
------------------------------
Password:「Change password」をクリックしてパスワードを入力
Language:Japanese(ja_JP)
------------------------------
ブラウザをリロードすると日本語表示になります。


さらっと眺めてみると、テンプレートの設定に「ウェブ」が追加されています。WEBサーバのレイヤ7監視は常識になりつつあるので、とてもありがたい新機能ですね。
zabbix22-01.png

また、デフォルトのホストグループに「Hypervisors」「Virtual machines」が追加されました。VMware監視機能へ力の入れようを感じます。
zabbix22-02.png
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/15 Fri. 01:55 [edit]

category: Zabbix

thread: Linux  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 5

15

zabbix 2.0 グラフの日本語が文字化けする対策 

zabbixのグラフの日本語が、豆腐のように文字化けしてしまうことがあります。
zabbix-jp1.png


これは zabbixのグラフ用フォント DejaVuSans.ttf が日本語には対応していないのが原因(zabbix1.8のころは ipagui.ttf でしたが再配布が難しいのでしょうか)
------------------------------
ls -l /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
lrwxrwxrwx 1 root root 38 Mar 23 13:13 /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf -> /etc/alternatives/zabbix-web-font

ls -l /etc/alternatives/zabbix-web-font
lrwxrwxrwx 1 root root 38 Mar 23 13:13 /etc/alternatives/zabbix-web-font -> /usr/share/fonts/dejavu/DejaVuSans.ttf ←日本語に対応していない(^^;)
------------------------------


グラフ用のフォントを日本語に対応しているフォントに切換えます。
------------------------------
rm /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
ln -s /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf
------------------------------


めでたくグラフで日本語が表示できるようになりました。(^^)/
zabbix-jp2.png


以上です。

Posted on 2013/04/06 Sat. 23:41 [edit]

category: Zabbix

thread: サーバー  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 1

06

Zabbix 2.0 を yumでインストール(CentOS6.4) 

Zabbix2.0をCentOS6.4にインストールした時のメモです。yumを使うと依存関係を考慮してくれるので、サクッとインストールできます。(^^)/


まずはLAMP環境をインストールします。

・zabbixのyumリポジトリの登録
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm

・インストール(2013/3/23時点のバージョンは2.0.5-1)
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

zabbix-get は設定する時にあるとなにかと便利です。
(使い方サンプル)zabbix_get -s 127.0.0.1 -p 10050 -k agent.ping

・zabbixのyumリポジトリの無効化
vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
---(下記を変更)---------------------------
[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/$basearch/
enabled=1
 ↓
enabled=0

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/6/$basearch/
enabled=1
 ↓
enabled=0
------------------------------

・MySQLにZabbix用のDBとユーザを作成
mysql -u root -p
---(下記を実行)---------------------------
・Zabbix用DBの作成
create database zabbix character set utf8;

・Zabbix用ユーザの作成
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<パスワード>';

・設定の反映
FLUSH PRIVILEGES;
exit
------------------------------

・Zabbix用のDBスキーマとデータをインポート
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.5/create/schema.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.5/create/images.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.5/create/data.sql

・zabbixサーバの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
---(下記を変更)---------------------------
# DBPassword=
 ↓
DBPassword=<パスワード>
------------------------------

・Zabbixサーバの起動
service zabbix-server start

・Zabbixサーバの自動起動を設定
chkconfig zabbix-server on

・Apacheの再起動
service httpd restart

・下記にブラウザアクセスして初期設定を開始します。(ホスト名はご自分の環境に読替えてください)
http://centos64/zabbix/
------------------------------
1. Welcome
 「NEXT」

2. Check of pre-requisites
 すべて「OK」であれば「NEXT」

3. Configure DB connection
 ---------
 Type:MySQL
 Host:localhost
 Port:0
 Name:zabbix
 User:zabbix
 Password:<パスワード>
 ---------
 上記を設定して「Next」

4. Zabbix server details
 そのまま「NEXT」

5. Pre-Installation Summary
 そのまま「NEXT」

6. Install
 「Finish」
------------------------------
以上が終了するとzabbixのログイン画面が表示されます。

・初期ユーザでログインします。
 ユーザ名: admin 
 パスワード:zabbix

・パスワードと言語の変更
Administration>Users Members列の「Admin」をクリック、下記入力して「Save」を押します。
------------------------------
Password:「Change password」をクリックしてパスワードを入力
Language:Japanese(ja_JP)
------------------------------
ブラウザをリロードすると日本語表示になります。


以上です。

Posted on 2013/03/23 Sat. 17:04 [edit]

category: Zabbix

thread: Linux  -  janre: コンピュータ

TB: 0    CM: 0

23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。